あのコメダ珈琲を韓国系ファンドが買収

2013年2月号 LIFE [ライフ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

韓国系買収ファンドのMBKパートナーズは喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」を展開するコメダ(名古屋市)を買収する方針だ。コメダ株の約8割を保有する国内最大手買収ファンド、アドバンテッジパートナーズ(AP)と最終調整に入っており、買収額は400億円規模となる見通し。MBKの傘下でコメダ珈琲店は韓国、台湾などへの進出を急ぐようだ。1968年に創業されたコメダ珈琲店は名古屋発祥の有名企業で、08年にAPが創業者から株を買い取り、首都圏や関西、北陸、四国への進出を加速させた。人気の秘密はゆったりとした席と「名古屋式」の過剰感があるサービス。全ての飲み物には無料で豆菓子が付き、モーニングコーヒーにはトーストなどが付く。顧客の回転数を競う既存の外食チェーンとは真逆の心遣いがファンを増やしているようだ。12年2月期決算(単体)は売上高90億円、営業利益22億7600万円、営業利益率は2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。