平沼、園田が牛耳る「維新の会」

旧太陽の党グループに主要ポストを奪われ、亀裂は深まるばかり。空中分解しかねない。

2013年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

一時は民主党も自民党も怯えるほどの勢いを誇り、「単独過半数を目指す」(橋下徹大阪市長、9月8日)と豪語した「日本維新の会」。だが、思いもよらない突然の歳末総選挙の激流に呑み込まれ、終わってみると自公が325議席を獲得して圧勝。「連立に加わりキャスティング・ボートを握る」という望みは泡と消えた。

笑いが止まらぬ太陽側

なぜこうなったのか。「太陽の党との合流がすべてを狂わせた」という声が多いが、人材不足、資金不足は早くから指摘されていた。「国政進出が早すぎた」と悔やむ声もある。突き詰めれば「まだ政党の体をなしていなかった」ということになるだろう。維新のオリジナル・メンバーたちの雰囲気は暗い。橋下人気を頼って初めての選挙を戦った維新塾生らは、組織もなく資金も乏しく、そこへ「野合」批判で第三極の「風」が勢いを失ったのだから勝てるはずがない。次々に討ち死にし「太陽との合流 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。