安倍外交「早くも空回り」

「日帰りでもいい。オバマ会談をセットしてくれ」と外務省に厳命したが、米政権は様子見。あっさり断られてしまった。

2013年2月号 POLITICS [首脳外交にご祝儀なし]

  • はてなブックマークに追加

外務省が早くも音を上げている。安倍晋三首相から直々に飛んでくる矢継ぎ早の指示・催促に応えきれず、省ぐるみで言い訳作りに汲々としている有り様だ。始まりは昨年12月、まだ衆院選挙期間中のこと。安倍氏から密命が伝えられた。「16日の投開票が終わったら、26日に特別国会で首班指名を受ける前に訪米したい。組閣・自民党役員人事は開票日から2、3日で終える。クリスマス前の週末にかけて、日帰りでもいいからオバマ米大統領との会談をセットしてくれ」外務省は仰天した。すでに自民党の大勝は予想され、安倍氏の次期首相復帰は確実だったものの、正式就任前に「首脳」会談を行うなど外交の原則から言ってあり得ない。もちろん、安倍氏もそこは百も承知。だが、常識破りこそは「電撃外交」の肝でもある。吉田茂以来の「再登板総理」としては、出だしから格の違いを演出したい。安倍氏本人に人気がな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。