矢面に立つ白川日銀が密かに「マイナス金利」研究

2013年1月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

自民党の安倍晋三総裁が日銀批判のトーンを上げ、「マイナス金利」導入が俎上にのぼった。「極論」(大手証券)と一笑に付す向きが多いが、欧州中央銀行(ECB)は12月初旬の理事会でマイナス金利への引き下げを討議し、金融大手クレディ・スイスやスイスUBSもスイスフラン建て口座のマイナス金利適用を決めた。政府関係者によると「白川日銀も密かにマイナス金利を研究している」という。融資とは借りる側が貸す側に金利を支払うものだが、マイナス金利では貸す側が金利を払う。実は短期の金融市場では実例が多く、直近では欧州債務危機の際に「安全資産への逃避」が進行し、米国やドイツの短期国債が買われたため、満期保有時に元本割れするケースが出た。一方、ECBが討議し、日銀が研究するのは市中におカネを回すためだ。マイナス金利になれば、銀行が資金を中央銀行口座に寝かせれば、減額される。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。