幸福な国の裏側を直視する

『ブータン 「幸福な国」の不都合な真実』

2013年1月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

「国民の97%が幸福」あまりに過剰な統計を疑うのは、メディアの役割だ。だが、2011年の秋、ブータン国王が来日した際、日本のメディアはこぞってブータンを幸せな国の象徴としてもてはやした。この極端な幸福が生まれた背景には、ブータンの暗い歴史がある。著者の根本かおるは、その歴史にブータン難民支援という形で関わってきた元UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の職員だ。根本が目を向けたのは、ブータンという国家の成り立ちだ。ヒマラヤの麓にある国は、常にインド・ネパールのヒンドゥ教文化に浸食される恐怖と隣り合わせだった。実際に小国シッキム王国は、インド・ネパール系の移民が国民の7割を占めるようになり、最終的にはインドに併合されて国家が滅亡した。ブータンはこうした事態を恐れ、チベット仏教系の文化を持つ3民族を国家の中心に据え、19世紀後半から入ってきたヒンドゥ教文 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。