金融庁長官人事に「風雲」森本総務企画局長にもチャンス

2013年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

2年目の畑中龍太郎金融庁長官(昭51東大法)は「大物長官」として君臨し、我が世の春を謳歌している。霞が関や金融界の関心は早くも13年夏の長官人事に移り、森本学総務企画局長(昭52東大法)の昇格説が急浮上している。金融庁では発足以来、「監督局長→長官」が王道であり、総企局長は「上がりポスト」とされてきた。「金融処分庁」と揶揄される金融庁にとって、金融機関に対する唯一無二の監督権限こそ権力の源泉であり、監督局長はその司令官である。一方、総企局のラインは法案作成などで長時間労働が続いても、仕える局長に長官の目がないため、士気も上がらない。他省庁では法案を作り上げ、永田町に根回ししながら成立させることが最大の使命だから、霞が関の中で金融庁は特異な存在といえよう。ただ、監督業務の中で金融商品取引所に限っては、総企局市場課の担当である。このため、東京証券取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。