崖っぷち北尾が孫に「恨み節」

投資家を前にした独演会で絶句。「08年に孫の窮地を救ったのに」と、将軍様の弱音に会場は静まり返った。

2013年1月号 BUSINESS [SBI総帥の弱音]

  • はてなブックマークに追加

本誌が12年1月号で「北尾SBI『金の卵』簒奪商法」を掲載し、その奇怪な経理を次々暴露し続けて1年経った。本誌の連打に追い詰められ、SBIホールディングス(以下、SBI)の総帥、北尾吉孝はいまリング上で崩れ落ちる寸前である。強気をもって鳴る北尾が、とうとう弱音を吐く珍しい場面を見た。11月27日、ホテルニューオータニの「芙蓉の間」で行われた個人投資家説明会である。SBIは11月28日、1年債(利率1.6%)150億円を発売したばかり。個人投資家をつなぎとめるため、東京、大阪、名古屋で説明会を開いたのだ。

「ホメオ23億円損失」のカラクリ

面妖な説明会だった。500人以上の席が用意されていた会場の入り口には、北尾の著書を販売するコーナーがあった。場内には正面左右に巨大なスクリーンが据えられ、今やSBIグループの生命線となったアミノ酸の一種、ALA(5−アミノレブリン酸)の開発物語を流している。平日とあって、会場 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。