「ドメイン利権」JPNICに訴訟の痛打

2013年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

本誌12年8月号、11月号でインターネットの「ドメイン利権」独占問題を指摘したJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)に対して、ついに民事訴訟が起きた。原告は中京大学情報理工学部の鈴木常彦教授。JPNICが一方的に規約を変更し「歴史的PIアドレス」や「AS番号」の維持料を課し始めたことを不当だとして名古屋地裁に訴えた。歴史的PIアドレスとは、インターネットの商用利用が始まる以前、JPNICがIP(インターネット・プロトコル)アドレスの割り当てルールを制定する前に、国際機関などから直接割り当てられたもの。PIは「provider independent」の略で「歴史的プロバイダー非依存アドレス」とも呼ばれる。AS番号とは、ネットワークを識別するための番号で、プロバイダーや組織などのネットワークに割り当てられ、IPアドレスとセットで利用される。歴史的PIアドレスやAS番号は、早くか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。