朝日新聞の札付き「パワハラ・デスク」が大栄転

2013年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞社が12月1日付で行った「トンデモ人事」が物議を醸している。07年に制定された社内規定によって、不名誉な「パワハラ第1号」の処分を受けた、当時の名古屋本社の男性デスクXが、東京本社経済部の総括デスクに大栄転したのだ。このポストは、部員の労務管理なども行う役回り。将来の経済部長候補として、エリートコースに復活したことになる。4年前、日銀担当キャップから名古屋のデスクに赴任したXが起こしたパワハラ事件は、週刊誌沙汰になり、社内で知らぬ者はない。事件は、朝日の記者が行きつけの名古屋の酒場などで起こった。部下の男性記者Yの仕事ぶりにXがねちねちと文句をつけ、反論するYにブチ切れ、「昔、職場で倒れたことがあるだろう、何も知らないと思うなよ、病名を言ってみろ、と暴言を吐き、胸倉をつかむなどの暴行に及んだ」(名古屋本社関係者)。あまりのことにY記者と家族 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。