八つ当たり「2ちゃん捜索」空振り

またも「なりすまし犯」に翻弄され、ついに「インテリジェンス部門」まで総動員した。

2013年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ネット掲示板「2ちゃんねる」と言えば、警察が手を焼く因縁の宿敵。薬物売買やアダルトなど違法情報を放置、西村博之・元管理人ともども摘発寸前までいきながら、どうしても尻尾がつかまえられない難物だ。警察がその無念を晴らす日が来た。11月26日、札幌市厚別区の雑居ビルの前には、早朝から多くの報道陣が詰めかけていた。昼過ぎにスーツ姿の捜査員たちが現れ、続々と建物に入っていく。パソコンの遠隔捜査によるなりすまし事件で、警視庁などの合同捜査本部は、2ちゃんねるのサーバー管理代行会社「ゼロ」に威力業務妨害容疑で家宅捜索に入ったのだ。なりすましに気づかず4人を誤認逮捕するという前代未聞の事件で、警察当局の権威は失墜し、内部の大揺れは続いている。犯人は都内の弁護士に送りつけたメールで「警察、検察をはめてやりたかった」と言っており、警察を翻弄するのが狙いの愉快犯と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。