米SECが中国株で5大会計事務所「断罪」

2013年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ついに堪忍袋の緒が切れた。米株式市場を揺るがし続けてきた中国系上場企業の不正会計事件。米証券取引委員会(SEC)は2012年12月3日、“会計詐欺”の疑いが濃厚な中国系9社の監査法人だった大手会計事務所5社(プライスウォーターハウスクーパース、デロイト・トウシュ・トーマツ、アーンスト・アンド・ヤング、KPMG、BDO)の中国法人に対する行政処分を申し立てた。この処分は、中国系9社の監査資料の引き渡しを求めたSECに対し、会計事務所側が「中国の国家機密保持法に抵触する」などの理由で応じなかったことに伴うもの。今後、行政法判事が公聴会を開いて処分内容を審査し、13年3月初旬までに結論を出す。状況が変わらなければ、申し立てが却下される可能性は低い。その影響は甚大だ。これら5社の中国法人は、米公開会社会計監視委員会(PCAOB)の認定を受けて米市場の上場企業の監査資格を得ている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。