暴走老人党の「スカイフォール」

2012年12月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ロンドンで007映画を見たことがある。ジェームズ・ボンドの痛快なバイオレンスに観客がやんやの声援。ロンドンっ子の「寅さん」なのだが、英国車アストン・マーチンをけっして壊さない国威発揚には異邦人ながら感心した。最新作は、名女優ジュディ・デンチ演じる上司Mにつきまとう過去の亡霊と戦う筋立てだが、そのMが19世紀の桂冠詩人テニスンの詩「ユリシーズ」を口ずさんだのには驚いた。We are not now that strength which in old days / Moved earth and heaven; that which we are, / we are;(その昔、地と天を揺さぶりし強者に今はあらざれども、我はかくあり、かくあれば)という一節である。老いた英雄がなお「努め、求め、探し、屈しない」魂を歌うこの詩は、老大国の意地っぱりそのものだが、他人事ではない。震災とデフレとエレクトロニクス敗戦に見舞われて、めっきり老け込んだ経済大国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。