「英原発会社」買収は日立の「悪い癖」

儲からない原発事業を継続するため賭けに出た日立製作所。まるでドンキホーテだ。

2012年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日立製作所が10月下旬、イギリスの原子力発電事業会社「ホライズン」を6億7千万ポンド(約850億円)で買収すると発表した。ホライズンはドイツの電力大手、イーオンとRWEが2009年に共同出資で設立した会社。英国で原発を新設し、現地で発電事業を営む予定だったが、ドイツ政府の脱原発政策に従って今年3月に計画を白紙撤回。売り先を探していた。有力候補はほかにあった。東芝傘下の米ウエスチングハウス(WH)と仏アレバだ。WHは中国北部を地盤とする中国核工業集団、アレバは南部の中国広東核電集団とそれぞれ組み、買収を狙っていたが、中国政府をバックにした強敵2社を差し置いて日立に軍配が上がった。東電の福島原発事故で日本の原発メーカーに逆風が吹く。そんな中で2020年代前半までに英国で原発を4~6基新設し、稼働させる計画を持つホライズンを手中に収めた日立は、我が国初の原発輸出に成功 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。