橋下維新に振り回される「減税日本」

維新の態度は「全てを捨てて軍門に下れ!」。たち日との「二股」交渉に、みんなの党も嫌気。

2012年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

10月29日、衆議院議員の熊田篤嗣(大阪1区)、水野智彦(比例代表南関東)の両氏が、民主党を飛び出した。行き先は名古屋市の河村たかし市長率いる「減税日本」。佐藤夕子衆院議員と、先に民主党を離党した小泉俊明、小林興起の両衆院議員に、熊田、水野の両氏が加わり、所属議員5人の政党要件を満たすこととなり、10月31日に政党化を果たした。同党幹部は「うちは維新(「日本維新の会」)よりもハードルが低いから、特に民主党議員からかなりのラブコールがある。総務大臣経験者も相談に来ているよ。解散直前になれば2桁は確実にやってくるはず」とはしゃぐが、そう簡単ではない。民主党を去ることを決めても「どこへ行けば生き残れるのか」(当選1回の衆院議員)。頼みの「第三極」は、各党の熾烈な駆け引きが続き、構図が定まらない。

愛知で二つの選挙区を譲れ

10月25日、石原慎太郎氏が東京都知事を辞任。「たちあがれ日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。