農協は「第一世代」組合員と共に滅ぶ

70歳以上の高齢組合員が42%を占める農協は、大量引退に伴う出資金返還で立ち往生。早晩、崩壊する。

2012年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

農協が崩壊する。引き金は、戦後日本の農業を支えてきた昭和10年代生まれの「第一世代」組合員の大量引退だ。若者に見放され、世代交代に失敗した農協にとって、構成員の4割を占める第一世代が引退すれば巨大組織を維持できなくなる。10月11日、東京・渋谷のNHKホールでJA(農協)グループ全国大会の式典が行われた。3年に1度開かれる全国大会には日本全国から農協関係者が大挙して集まる。この日も朝から各地の農協関係者が分乗した観光バスが次々とNHKホール前に到着し、会場は3千人の参加者で埋め尽くされた。JAグループは、政官界対策を担う全国農業協同組合中央会(JA全中)、資材の共同購買や農産物の販売を手掛ける全国農業協同組合連合会(JA全農)、金融を統べる農林中央金庫など機能別組織の下に、700を超える全国各地の個別農協で構成されている。実際に農業を営む組合員は約450万人、さらに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。