「銭ゲバ」ベネッセに舐められた東京都

都の有料老人ホーム指針で無効になった「入居金の初期償却」を強行。こんな業界最大手をのさばらせるな!

2012年12月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「それで、ゴールデンからは、いくらぐらい戻ってくるの?」「1700万円ぐらいだと思う」「ええっ、あれだけしかいなかったのに、1000万も消えちゃうの?」これは、今春刊行された水村美苗さんの小説『母の遺産――新聞小説』の冒頭場面である。ゴールデン・イヤーズという有料老人ホームに入居していた母が亡くなった直後、姉妹の奈津紀と美津紀が怒り、呆れている。「入居と同時に3割償却され、残りは7年間にわたって毎月均等に償却される」という仕組みを姉妹は知っている。入居金2700万円を支払い、母の入居期間はたった8カ月。作家の実体験に近い驚きが伝わってくる。著名作家の話題の小説に登場するほど、その理不尽な仕組みへの苛立ちが広がっているということだろう。小説の中の数字は現実である。「入居と同時に償却」は、業界で初期償却と呼ばれる。最大手のベネッセスタイルケアが、最近、新聞 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。