パナソニックの「時限爆弾」

「三洋電機」買収が命取り。2期連続で7千億円もの赤字を出しても「負の遺産」を克服できない。業績回復は絶望的。

2012年12月号 BUSINESS [シャープの二の舞いか]

  • はてなブックマークに追加

ここに国内企業が、昨年度1年間に投じた広告宣伝費(単独ベース)をランキングで示す1枚のレポートがある。上位にはトヨタ自動車やホンダ、NTTドコモ、花王など業績好調企業がズラリと並んでいる。その中で2位の花王(518億円)や3位のトヨタ(428億円)を引き離し、断トツの首位の座を奪ったのは、驚くことにパナソニック(746億円)だった。パナといえば、前期決算で製造業過去最大級の7721億円の赤字を出したばかり。国内断トツの赤字会社が、断トツの広告宣伝費の大盤振る舞いとは「常軌を逸している」(大手自動車役員)。巧みな広告宣伝が話題を呼び、ヒット商品が生まれたという話もとんと聞かない。費用対効果はどうなっているのか。株主は気の毒である。業績が悪化した会社は社員をリストラする前に冗費を切る。カネのかかる割に効果が定かではないテレビや新聞、雑誌の広告宣伝は、真っ先に削 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。