安倍の懐刀「菅義偉」の切れ味

集団就職で上京した苦労人。野田政権を解散に追い込み、安倍政権の官房長官に有力。

2012年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

自民党執行部の中で菅義偉(すがよしひで)幹事長代行(63)の存在感が増している。政策通を自任する「お友達」の中で、叩き上げの「党人派」として異彩を放っている。12月14日に衆院選挙が行われ、自民党が比較第1党に返り咲き、政権に復帰するのは確実。安倍晋三政権が今度こそ本領を発揮できるか――。舵取り役の菅氏の力量にかかっている。9月27日夜。東京・新橋の老舗料亭「金田中」に、JR東海の葛西敬之会長が呼びかけ、財界の大物が集まった。招待を受けたのはもちろん、その前日、自民党総裁に再び選出されたばかりの安倍氏。自民党側から唯一、同席したのが菅氏だった。同じ時刻に、国会近くの中華料理店では、菅氏をはじめ選対本部長の甘利明元経産相、麻生太郎元首相ら安倍陣営を支えた中心メンバー約20人が総裁選祝勝会を開いていた。安倍氏は祝勝会には15分程度いただけで金田中へ慌ただしく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。