「アフリカ渡来」覚醒剤の津波

日本を狙って「暗黒大陸」から密輸が激増。かつての北朝鮮などを上回る脅威、と米専門家が警告する。

2012年12月号 BUSINESS [ドラッグウォーズ]

  • はてなブックマークに追加

暗黒大陸アフリカから、覚醒(かくせい)剤が日本に押し寄せてきている。1893年に日本人がエフェドリンから合成したメタンフェタミン(略称メス)は安価で製造が簡単で、戦前は疲労感を和らげる薬「ヒロポン」の名で市販された。このもっとも危険な合成麻薬は51年に覚醒剤取締法で規制されたが、今も六本木などの半グレたちの間で「クリスタル」などの名で出回っている。以前は北朝鮮からの密輸が多かったが、台湾や中国、メキシコなどに移り、近年また新ルートが浮上した。アフリカ渡来の覚醒剤である。昨年7月、ニューヨーク連邦地裁で懲役30年の判決を受けたナイジェリアの麻薬ディーラーが、その一端をかいま見せてくれた。チグボ・アメーというこの男、14人の子沢山だが、西アフリカの小国リベリアに覚醒剤の製造拠点を持っていた。ナイジェリアにも拠点を建設中で、欧米や日本などに販売網を広げ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。