政策金融公庫を毛嫌いJBICが入居をドタキャン

2012年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

東京・大手町(千代田区)に巨大なインテリジェントビル「大手町フィナンシャルシティ」がオープンした。地上31階のノースタワー、地上35階のサウスタワーの2棟からなり、総床面積計24万平方メートル、総事業費1500億円の大事業。「ノース」には日本政策金融公庫、「サウス」には日本政策投資銀行が入居し、聖路加国際病院の分院も開業した。新たな金融拠点になることは間違いなく、ディベロッパーの都市再生機構や三菱地所、サンケイビルなどは、一安心だろう。ところが、予定されていた「大物入居者」の姿が内覧会では見当たらなかった。不動産関係者によると、それは同じく政府系金融の国際協力銀行(JBIC)だ。当初、JBICは「ノース」に、本店機能を移す予定だったが「事実上ドタキャンした」(不動産関係者)。一体、なぜなのか。JBICは政府系金融改革で、政策金融公庫の傘下に置かれたが、この4月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。