シティ傘下の証券会社が日本でも「呆れたトラブル」

2012年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

フェイスブックのIPO(新規株式公開)の際に法令違反が見つかり、200万ドルの罰金を命じられた米金融大手シティグループ傘下の証券会社「シティグループ・グローバル・マーケッツ・リミテッド(CGML)」が、日本でもトラブルを起こしている。相手はヘッジファンドのジャガーノート・キャピタル・マネジメント(JCM)。同社は昨年、CGMLに有価証券の保管を委託する契約を結んだ。JCMは5月2日に約200万株、7日に約500万株のサハダイヤモンド株の売却を行い、決済日は2日分が9日、7日分が10日になっていた。ところが、株式を保管していたCGMLは2日と7日のいずれの取引においても、JCMにサハダイヤモンド株式を渡すことができず、契約不履行となった。JCMは株式を売却できなかったことで損失を被ったと主張。CGMLは株式を渡すことができなかったのは、JCMにサハダイヤモンド株をリハイポセケーション(顧客 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。