ナベツネの「予言」は当たる?読売が「1千万部超え」再現

2012年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

読売新聞が11月のABC調査で、1年ぶりに1千万部の大台に乗せる可能性が高まっている。「瞬間風速」とはいえ大台乗せを再現すれば、同紙の販売の底力を誇示することになる。新聞公正取引協議委員会(中央協)が取りまとめた10月の読売新聞契約部数は、1千万部を数百部超えた模様。この数字を基に販売店などの実態調査を経て算出されるのがABC部数。販売店筋によると、ABC部数は中央協の数字より数万部少なくなるのが通例という。したがって10月のABC部数は1千万部には届きそうにないが、11月の中央協の数字は1千万部を数万部超える見通しで、ABC部数でも1千万部超えの可能性が高いという。昨年は10月に993万部だったのを、7万部以上増やして11月に大台突破を実現。そのためにかかった販売費は5億円と噂され、販売の世界では「禁じ手」とされる「1カ月契約」など、あらゆる手段を駆使しての達成と言われた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。