白川日銀総裁が二つの「サプライズ人事」

2012年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

金融政策ではサプライズを嫌う白川方明日銀総裁が、人事でサプライズを演出してみせた。一つ目は11月に任期が切れる予定だった国際担当の中曽宏理事(59)の再任を記者団のぶら下がり取材で唐突に明らかにしたことだ。日銀理事の任命権は財務相にあり、正式決定を待たずに総裁が公表するのは異例。しかも理事の再任は新日銀法下で初めてとあって「来年の副総裁人事に向けた布石」(日銀ウオッチャー)とみられている。日銀は、来年3月に副総裁2人、4月に総裁の任期満了を迎える。いずれも国会同意が必要だが、副総裁の1人は内部昇格が慣例だ。金融機関の破綻処理に精通し、国際金融の世界でも幅広い人脈を持つ中曽氏は、有力候補の1人。その対抗馬とみられるのは雨宮正佳大阪支店長(57)。雨宮氏は01年の量的緩和や10年の包括緩和など金融政策の転換を主導してきた企画畑の支柱で、5月の人事で企画担当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。