トマト銀行の時限爆弾?岡山のパチスロ大手「山佐」

2012年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

本誌11月号〈「粉飾エドウイン」 伊藤忠が買収か〉では、ジーンズ大手のエドウインが金融商品への投資で多額の損失を抱え、不正経理に走った姿を伝えたが、ある外資系証券マンは「キャッシュリッチの非上場企業の中には、他にも桁外れの運用に走り、経営危機に陥っている例があるようだ」と指摘する。岡山県新見市に「山佐」というパチスロ機器メーカーがある。資本金はわずか1500万円だが、2012年3月期の年商は488億円、従業員は373名という地元大手企業だ。オーナーの佐野一族はもともと岡山県北西部で明治初期から林業を手がけていた資産家で、現社長の佐野慎一氏(65)は灘高から東大卒という絵に描いたようなエリート。関連会社で機器販売と遊技場経営を手がける「山佐産業」は年商728億円、地元でガソリンスタンドを展開する「岡山石油販売」も年商134億円をあげている。バブル期に節税目的で航 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。