「スーダン空爆」を習近平に予告

イラン空爆の予行演習か。イスラエルが事前通告したのは、オバマ以外に北京だった。

2012年12月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

イスラエルが10月24日、スーダンの首都ハルツーム郊外の軍需工場を空軍爆撃編隊で空爆した。工場はイランが建設し、弾道ミサイル「シャハブ」やロケット弾の製造拠点となっていた。イランの核施設攻撃を想定した初の長距離襲撃の「予行演習」を兼ねたともみられている。攻撃の詳細は公式には明らかにされていないが、ベンヤミン・ネタニヤフ首相が攻撃前に2人の重要人物に電話をかけたことが分かっている。 最初に電話したのは、米大統領選挙戦中だったバラク・オバマ大統領である。ネタニヤフ首相は、スーダンの工場がイスラエルの脅威になっており、攻撃実施を許可したことを伝えた。大統領がどう返事したのかはわからないが「共和党候補のミット・ロムニー氏に伝えた可能性は低い」(ワシントンの情報筋)。ネタニヤフ首相が次に電話をかけたのは、長身で愛想の良い中国の次期最高指導者、習近平国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。