総選挙とダブルでは猪瀬が「絶対本命」

2012年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

石原慎太郎知事の辞職に伴い12月16日に行われる東京都知事選挙。野田佳彦首相が衆議院選挙との“ダブル選挙”を決断したため、11月29日の告示を前に各党の動きがあわただしくなった。すでに前神奈川県知事の松沢成文、前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児が立候補を表明した。前回の石原を真似て直前まで出馬表明しない「後出し」戦術をとるのは本命、猪瀬直樹副知事(知事代行)。「猪瀬さんで十分だと思う。あれだけ優秀な副知事は見たことがない」と石原も10月の辞職会見で持ち上げて事実上の「後継指名」した。「圧倒的な人気だ……」。自民党幹部は思わずつぶやいた。10月27、28日と11月3、4日に密かに行った3千人への電話サンプル調査で驚きのデータが弾き出された。猪瀬が5割強の支持、次点は東国原英夫4割、舛添要一4割と並ぶ。「猪瀬には正直乗りたくないが、この人気は無視できない」(自民党幹部 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。