ルネサス「国策救済」は経産官僚の浅知恵

2012年12月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

半導体大手ルネサスエレクトロニクスの救済計画が決まった。産業革新機構とトヨタ自動車など大手製造業8社が出資する「官民連合」による買収との触れ込みだが、実際は2千億円の買収費用のうち1900億円を革新機構が負担する「国策」色が濃い。米系ファンドによる買収を回避するため、経済産業省がなりふり構わず動いたようだ。ルネサスの今年4~9月期連結決算は最終損益が1150億円の赤字。9月に実施した早期退職者募集に伴う支出など、特別損失約840億円が加わった結果、半期ベースでは過去最高の最終赤字となった。同社は日立製作所と三菱電機のシステムLSI(大規模集積回路)部門が統合して03年に発足したルネサステクノロジが前身。10年にNECエレクトロニクスが合流して現体制ができあがった。自動車用マイコンで3~4割の世界シェアを持ち、大震災で同社那珂工場(茨城県)が被災した際にはサプライチ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。