DeNA直撃「グループスの闇」

韓国系のネクソンが、365億円で稼ぎ頭のSAPをさらった。裏に蠢く怪しい影。

2012年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ソーシャルゲームのプラットフォーム「モバゲー」で知られるSNS(交流サイト)大手DeNAが、韓国系のゲーム企業ネクソン(東証1部上場)に呑みこまれるのではないか。10月1日、モバゲーに人気ゲームを提供するSAP(ゲーム提供業者)のグループスを、ネクソンが365億円で買収すると発表、ゲーム業界に衝撃が広がった。モバゲーのSAPでは「大熱狂!!プロ野球カード」などで人気寄与度ナンバーワンだけに、そこをネクソンに押さえられては、次にDeNAが狙われるのでは、という観測が流れるのは無理もない。「うちとしてはウェルカム」強気で知られるDeNAの守安功社長は、グループスの川方慎介社長に笑顔でそう伝えたというが、本音はどうか。

資本を入れなかった理由

9月20日に行われた東京ゲームショウでは、DeNAとグループスが海外包括契約を締結すると発表した。手をとりあって海外市場に打って出る計画を明らかにした矢先に、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。