赤字転落「竹中工務店」の先行き不安

「関西の大型案件」は採算度外視。震災特需も出遅れる。在任32年の竹中統一社長の弱点。

2012年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

10月3日、大阪・梅田のJR大阪駅北口で工事が進んでいる大規模再開発事業「グランフロント大阪」の報道陣向け見学会が開かれた。事業者を代表して三菱地所常務執行役員の林総一郎が「2013年4月下旬の街開きに向け、関西が元気になるようプロジェクトを通じて貢献したい」と述べる一方、施工者を代表して竹中工務店の総合事務所長、中尾和昭が「現在約5千人の作業員が工事に携わっている。安全第一で竣工を目指す」と挨拶した。グランフロント大阪は「大阪最後の巨大開発」といわれる旧国鉄梅田貨物駅跡地(約24ha)の再開発事業のうち、先行開発地域に指定された約7haの敷地に地上38~48階建ての超高層ビル4棟(総延べ床面積55万6700㎡)を建設する。確かに巨大開発だが「関西が元気になるプロジェクト」とは言い難い。06年に鳴り物入りで実施された事業コンペで三菱地所など12社のコンソーシアムが落札 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。