あのアコーディア・ゴルフにおっかない「紙爆弾」

2012年11月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

社長派と専務派の内紛から株主総会でのプロキシーファイト(委任状争奪戦)に発展したアコーディア・ゴルフにまつわるおっかない「告発状」が出回っている。発信元は「アコーディア・ゴルフ株主有志一同」とあり、同社が所有するゴルフ場「グリーンアカデミーカントリークラブ」(福島県石川郡)を、東京の化粧品会社ピエラレジェンヌに売却した際、当時の社長と役員らに3千万円の裏金が渡っていたと糾弾している。さらに、ピエラレジェンヌをアングラ勢力と決めつけ、「傘下に上場会社でP及びQを所有し、ゴルフ場を含め全てダミーの代表取締役を立て、実際のオーナーは全てXです。Pは株相場の操作やインサイダーを繰り返しており、Qは黒ナマコファンドで出資法違反と詐欺罪で社長以下10数名が逮捕されております……」などと誹謗中傷の文面が続く。一見してタメにする紙爆弾とわかるが、末尾に「直ちに司 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。