大和証券顧問に岩下正氏武藤総研理事長の「後釜」か

2012年11月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大蔵省出身の岩下正氏が大和証券グループ本社の非常勤顧問に就任したことが話題を呼んでいる。大和への天下りと言えば、大蔵省の最後と財務省の初代の事務次官を務めた武藤敏郎氏(入省1966年)が総研理事長の座にある。「岩下氏の招聘は武藤氏の後任含み」と囁かれ、武藤氏の次のステップが注目される。岩下氏は70年入省組の逸材として主計官、首相秘書官を務めたが、大蔵省接待汚職で躓いた。駐米公使、国際局次長を経て、一時は財務官候補に浮上したが、ポストに恵まれず財務総合政策研究所長を最後に退官した。その後、国際協力銀行理事やローン・スター・ジャパン会長を務め、今夏、こっそり大和グループ入りした。「岩下さんが後任とは限らないが、これで武藤さんが大和に残ることはなくなった」と財務省関係者は断言する。武藤氏は来年の日銀総裁人事の有力候補であり、東京証券取引所と大阪証券 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。