「18大」混乱で習新政権に十字架

薄熙来の党籍剝奪・公職追放は、習近平の決意表明か。「最大公約数」のリーダーには重すぎる試練。

2012年11月号 GLOBAL [チャイナリスク]

  • はてなブックマークに追加

9月28日、中国の近未来を左右する2つの重大ニュースを国営通信社の新華社が打電した。まず共産党の次期最高指導部を選出する18大(共産党第18回全国代表大会)の開幕が11月8日に決定したこと。次に今年3月に失脚した薄熙来(ボーシーライ)に対し、党中央政治局が「」(党籍剝奪と公職追放)という重い処分を下したことだ。

開催を遅らせた薄スキャンダル

5年に一度の党大会は、9月初めの時点では「10月中旬に開催される」との見方が多かった。しかし日程はなかなか公表されず、結局、過去の党大会で最も遅い11月の開幕にずれ込んだ。最大の理由が「薄熙来事件」であることは疑いの余地がない。共産党の「メガホン」である新華社が、18大の日程と薄の双開のニュースを同じ日に打電したのは、「薄の処遇について最高指導部の意見が一致し、18大開催の前提条件が整った」という、党中央から全国の党員に向けたメッセージなのである。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。