「第二組合潰し」で裁判沙汰米プルデンシャルは怖い!

2012年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米プルデンシャル生命保険グループが、買収した生保に結成された第二組合を潰そうと躍起になっている。標的となっているのは、旧エジソン生命保険の第二組合だ。現在の組合員数は11人。団結力を削(そ)ぐため、執行委員長を含む計5人が解雇され、さらに3人が10月末に解雇される予定という。事の発端は昨年2月に遡る。プルデンシャルグループは、米AIGグループからAIGエジソン生命保険、エイアイジー・スター生命保険の2社を買収。今年1月に傘下のジブラルタ生命に吸収合併させた。この過程で旧エジソン生命の職員に「労働条件の改悪を迫った」と、旧エジソン生命関係者は憤る。「ノルマの引き上げや休暇の減少だけではなく、元代表を神と崇めるような宗教じみた研修まで強要された」と続ける。強引な合併に反発した一部の職員は昨年9月、旧エジソン生命内に第二組合を設立し、労働条件改悪の見直しや早 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。