自衛隊スパイ組織で「機密漏洩」事件

針のムシロの「情報保全隊」。普天間問題や野党を標的に北沢・元防衛相が防衛スパイ組織を政治利用。

2012年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

尖閣諸島の国有化以降、周辺海域の軍事的緊張は日増しに高まっている。10月に入り、尖閣諸島の東方沖に中国海軍の駆逐艦などが次々と現れ、これを牽制しようと米海軍第7艦隊が西太平洋上に展開を続けている。翻って、領海を脅かされている我が防衛省・自衛隊の守りはどうか。空と海からの監視活動は行っているものの、日米安保条約に基づく米軍頼みとあって、いささか頼りない。しかもその足元で、空前の機密漏洩が起きている。大手紙社会部デスクが語る。「公安当局も一目置く『自衛隊情報保全隊』の内部資料がダダ漏れなんです。スパイの監視役から情報が漏れたのでは、内部崩壊と言わざるを得ません」

『赤旗』の追及にお手上げ

情報保全隊――。かつて「調査隊」と呼ばれた自衛隊の諜報機関である。あの金大中事件では、拉致実行部隊のKCIA(旧韓国中央情報部)をピッタリとマークしたといわれるすご腕の隊員たちを揃えていた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。