日本IBM オリンパスに「悪知恵」

10年で売り上げ半減の長期低落でモラルハザード。過酷なノルマをしのぐ「粉飾のDNA」が、日本を汚染した。

2012年11月号 COVER STORY [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

9月11日、東京のパレスホテルで日本IBMは創立75周年記念の「THINK Forum Japan」を開いた。本社会長のサミュエル・パルミサーノが講演に立ち、2002年にCEOになってから「一株当たり利益は5倍、1千億ドル以上の株主価値をもたらした」と胸を張りながら、自身の1990年代前半の東京勤務に触れ「私はIT業界のキャプテンではない。アイコン的なセレブCEOになろうとは思ったこともない」と述べた。気になる一言だった。

大歳「盗撮」で75年の歴史に泥

日本IBMの社員はさぞかし気まずい思いをしたろう。昨年の売上高(単独ベース)は8681億円と10年前の半分、純利益も272億円で3分の1である。「日本で自分を変革することの重要性を学んだ」というパルミサーノの言葉の裏に「劣等生の日本は何も学んでいない」という苛立ちがちらつく。しかもこのイベントに先立つ8月22日、日本IBM社長、会長を歴任した最高顧問、大歳卓麻(64)が、JR四ツ谷 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。