エルピーダ債権カットに怒り外資系ファンドが対抗案提出

2012年10月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリは8月、更生計画案を東京地裁に提出した。計画案では取引債権や社債、銀行融資などの一般更生債権(約2772億円)の弁済率は17.4%。要は82.6%がカットされる。一方、3メガバンクと三井住友信託銀行、池田泉州銀行などが主力の広島工場を担保にした融資債権(約651億円)などの更生担保権は全額弁済の見込み。カット率は8割超とかたやゼロ。あまりの格差に一般更生債権者は愕然とした。エルピーダを巡っては、経営破綻を招いた坂本幸雄社長が管財人に就き、米半導体大手マイクロン・テクノロジーの傘下入りを決め、更生計画案をまとめ上げた。その坂本氏には、本誌前月号で報じた通り「管財人就任からマイクロンのスポンサー内定に至るまで不審な点が多く、計画倒産の疑いもある」(関係者)。坂本氏はエルピーダ退任を表明したというが「ほとぼりが冷めた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。