軽井沢にビル・ゲイツの別荘総工費60億円で13年末に完成か

2012年10月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

この夏、軽井沢ですごした人たちの間で、ある別荘の造成工事が話題を呼んだ。地元関係筋は「軽井沢町の長倉で建設中の物件はマイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ会長の別荘で2013年末に完成します」という。ゲイツ氏は米経済誌フォーブスの世界長者番付で、11年度も前年と同じく2位。個人資産は610億ドル(約4兆8千億円)に上る。なぜ、ゲイツ氏が軽井沢に別荘をつくるのか、真相はわからないが、地元の建設着工記録などを見る限り、約1万9979㎡の敷地に別荘が建つのは間違いない。もともと、この敷地には旧三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)が「軽井沢寮」を保有。その後、ベンチャー企業の未来技術研究所が「影絵プラネット」というギャラリーを運営していた。そのギャラリーが昨年閉館し、目下、別荘建設に向けた土地造成が進んでいる。地元の噂では、ゲイツ氏の別荘は地上1階、地下2階の延べ面積2千㎡ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。