東証と大証統合で凱旋する 「二流の人」米田道生社長

2012年10月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

東京証券取引所と大阪証券取引所が来年1月1日に経営統合し、日本取引所グループが発足するが、兜町界隈にポストを得た日銀OBたちは、その日を複雑な心境で迎えることになりそうだ。日本取引所グループの最高経営責任者(CEO)には東証の斉藤惇社長、最高執行責任者(COO)には大証の米田道生社長が就くことが固まっており、斉藤氏は野村証券、米田氏は日銀の出身だ。ここ3代はプロパーや民間出身者が続いているが、日本取引所の母体となる東証のトップは、これまで大蔵省の大物OBの指定席だった。そのトップに(COOとはいえ)日銀出身の米田氏が栄進する。日銀出身では副総裁を務めた井上敏夫氏が1960年代に東証理事長に就いて以来の「快挙!」となるが、米田氏は京大出身で、日銀では秋田支店長や札幌支店長を務めたものの、出世コースから外れ大証に転じた「二流の人」だ。それだけに「証券業界に身を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。