米大統領選「財政通ライアン」効果

共和党のロムニーが選んだ副大統領候補で焦点は「財政」。失業率に悩むオバマに勝てるか。

2012年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

11月6日の米大統領選挙は、アメリカのビジョンの選択肢がはっきりしてきた。バラク・オバマ大統領に挑む共和党のミット・ロムニー候補が、相方の副大統領候補に大胆な選択をしたからだ。ロムニーが選んだのは42歳の下院議員ポール・ライアン(ウィスコンシン州)だった。財政タカ派を指名したことで、オバマを破るには腰が定まらず退屈すぎるという懸念は残るものの、保守派を奮い立たせたのだ。ニューヨーク・ポスト紙のコラムニストはこう言った。これで大統領選は「vs」(オバマvsロムニー)の戦いから「vs」(共和党の政策vs民主党の予算案)の戦いに変わったのだ、と。

茶会党からも厚い支持

ジョン・ベイナー下院議長が言うように、ロムニーの「勇気ある選択」は、指名争いのマラソンレースの後、再び共和党有権者を活気づけたのである。知名度はまだあまり高くないが、ライアンは過去2年間、連邦政府の支出の青写真 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。