尖閣国有化に「ダイハード」石原親子の逆襲

2012年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

9月7日夜、シルバーのプリウスが都内のホテルの地下駐車場に滑りこんだ。降りてきたのは石原慎太郎東京都知事。一室で石原を待っていたのは、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島3島の地権者、栗原國起(70)だった。石原のかたわらには、たちあがれ日本の園田博之幹事長が同席している。「国に売ります」栗原ははっきり石原に告げた。石原はしばし沈黙してから、「わかりました。ただ政府には港など施設の整備は必ずやらせますよ」と語気を強めた。石原は同日の会見で「じきに彼(栗原)と会う」と明かしており、数時間後に会うことが決まっていた。知事側から再三アポを入れてようやく実現した会談だったという。すでに5日、新聞が一斉に「国購入で合意」と報じており、会見でも「どうも栗原さんは何を考えているかわからない」と弱音を漏らした。栗原は40億円の負債があるとされ、資金力で国が有利だっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。