暴力団必須アイテム「飛ばし携帯」

雌伏で進化。組織は融通無碍のハイブリッド化、手口も病院乗っ取りなど高度化した。

2012年10月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

7月上旬、東京地裁の令状請求室で、警視庁捜査員はブリーフケースから逮捕状を取りだし、裁判官に手渡した。被疑者は指定暴力団の幹部だった。稲川会ナンバー2で理事長だが、実質的に稲川会の若頭とされていて「経済ヤクザ」の異名をとる内堀和雄(59)である。「クレジットカード詐欺の稼ぎを配下の組員に命じて上納させた」(組織犯罪処罰法違反)という容疑だ。内堀は稲川会で経済案件を一手に仕切っているから、警視庁は「早く身柄を押さえたい」(組織犯罪対策部幹部)と懸命に追っている。が、依然その行方が知れない。「内堀は山口組幹部と兄弟盃を交わしていて、山口組と稲川会のパイプ役なんだ。たかがカード詐欺と侮るなかれ。風俗店での利用を他の店舗名目に付け替え、プラス分を抜き取る。組織犯罪でかなりシステマティックにやっている。警察も事件を単なる詐欺で終わらせず、その先の大物 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。