あおぞら銀行が目論む「新銀行東京」買収

2012年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

公的資金の「完済計画」を発表したばかりのあおぞら銀行に、新銀行東京の買収観測が持ち上がっている。新銀行東京といえば、石原都知事の肝煎りで開業したものの、巨額の不良債権をこしらえて破綻寸前に陥った不肖銀行。ところが、あおぞら銀行にとって新銀行東京の買収は、完済計画のパズルを埋める「最後の1ピース」になっている。あおぞら銀行の完済計画は、銀行界からも驚きの声が上がるほど意外性のあるものだった。同行に残る公的資金2276億円は、優先株から普通株への強制転換が10月に予定されており、実施されると返済は絶望的になる。そこで一斉転換期日を10年延長し、今年度中に返済する227億円を差し引いた残りは「特別優先配当」として毎年205億円ずつ返済するという、株価水準に左右されない前代未聞の返済方法を打ち出したのだ。ただ、これだけでは優先株主に著しく有利な配当政策になる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。