調剤薬局「バブル」の不条理

あて外れ「医薬分業」。医師をいじめて薬局にインセンティブつけ過ぎの政策ミスを、厚労省は認めない。

2012年10月号 BUSINESS [医療費膨張のガン]

  • はてなブックマークに追加

門前市をなすというが、病院のそばに「調剤薬局」が林立している光景はどこでも見かける。人呼んで「門前薬局」。医師が出した処方箋に従って医薬品を処方する(実態は紙袋にパックするだけの)薬局が、なんでああまで繁盛しているのか。デフレのご時世でも、稀有なことに調剤薬局は右肩上がりで市場が拡大している。伸びは強烈で、1995年度に1兆2662億円だった薬局調剤医療費は2011年度に6兆5601億円まで激増した。コンビニエンスストアの4万4千店を大きく上回る5万3千店。16年間でこんなにはびこった業界などそうお目にかかれない。

医師も製薬会社も卸も四苦八苦

当然、調剤各社の業績も絶好調だ。最大手アインファーマシーズは売上高1427億9千万円、経常利益105億円(ともに12年4月期)と増収増益を実現、業界2位の日本調剤、同3位のクオールも過去最高益を更新した。高齢化によって今後も市場拡大が見込めるだけに、ドラッグス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。