李明博「竹島」暴走で日韓出口なし

本誌は予告していた。退陣後の保身と朴槿恵vs安哲秀の大統領選にビーンボールか。

2012年10月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

韓国では日清戦争を「清日戦争」という。これをもじって、最近の日韓関係を「青日戦争」と、一部の韓国メディアが名付けた。「青」とは「青瓦台」、つまり大統領官邸のことである。李明博大統領の竹島(韓国名・独島)上陸と日王(天皇)謝罪要求発言で、大統領が勝手に日本政府とドンパチやっている状況を揶揄しているのだ。本誌はすでに今年2月号(「ふらつく李明博は金正恩に秋波」)で、李大統領がレームダック化のなか、「そこで憂慮されるのは、国民の反日感情に乗じるという常套手段だ。たとえば、電撃的な竹島訪問である」と書いた。誰も書かなかった予測は不幸にも現実となってしまった。

早くも韓国では下火に

ところが、もう韓国社会では、李大統領の竹島上陸が忘れ去られたようなムードすらある。日本メディアの連日の騒ぎとは異なり、韓国のテレビニュースでは8月末以降は「独島」(竹島の韓国名)が登場しな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。