滅ぶシャープの「不届き経営」

莫大な赤字に5千人の大リストラ。開き直った経営陣は再建策をメーンバンクに丸投げ。

2012年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

決して認めたくはないだろうが、長年の不届きな経営姿勢が今日の惨憺たる状況を招いたと、シャープの経営陣は思い知るべきだ。「液晶のシャープ」と自画自賛したのは遠い過去の話。こんな危機に陥っても、シャープ幹部には当事者意識が乏しい。何かと言えば政治が悪いとか、再建はメーンバンク頼みとか、無責任というほかない。「不誠実」から「不届きな開き直り」へ、経営の軸足を移したようだ。まさに本誌7月号(「市場欺くシャープの『資本提携』」)で指摘した通りの展開になった。3月末に台湾メーカー、ホンハイ(鴻海精密工業)と電撃的な提携を発表してから5カ月が経つのに、ホンハイとシャープ本体の資本提携は一向に進んでいない。それどころか、ここに来て両社の考え方の違いが際立ってきた。さらに、シャープの業績が急速に悪化。8月2日には5千人に上る大規模な人員リストラを発表。今期の当 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。