江蘇省啓東デモ「王子製紙」は口実

排水計画に反発した1万人デモの真相は、共産党の腐敗と圧政に対する民衆の鬱憤晴らし。

2012年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

7月28日早朝、江蘇省啓東(チートン)市の市庁舎を1万人を超えるデモ隊が取り囲み、一部が庁舎に乱入して占拠した。彼らは市政府幹部の執務室から高級酒、高級タバコ、コンドームなどを探し出し、「官吏は腐敗している」と叫びながら窓の外に投げ捨てた。さらに、警察車両など10台以上の公用車をひっくり返し、庁舎内のパソコンなどを破壊。啓東市トップの孫建華(スンジエンホワ)市党委員会書記はデモ隊の中に入って対話を試みたが、たちまち取り囲まれてワイシャツとメガネを剝ぎ取られ、上半身裸で逃げ出すという失態をさらした。デモの直接のきっかけは、日本の王子製紙が南通(ナントン)市の工業団地で建設している工場の排水計画である。この工場は啓東の中心部から70キロ以上離れているが、南通市政府が啓東の東部の黄海沿岸までパイプラインを建設し、1日60万トンを排水する予定だった。啓東 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。