仮面か素顔か「橋下バットマン」

2012年9月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

暗雲垂れこめる経済の憂さを晴らすようにロンドン五輪でアスリートのヒーローやヒロインたちが量産された。勝者の歓喜と敗者の涙に、人々は自分を投影してやまない。「ヒーローには誰でもなれる。ごくささいなこと、少年をそっとコートでくるみ、世界はまだ終わらないと思わせるだけでいい」映画『バットマン』最新作でいちばん耳に残る台詞だ。この映画の暗さは勧善懲悪のゆえではない。仮面の「正義」が正義たりうるのかという自問。いつからか、コミックのヒーローが内面を語りだした。ダースベイダーのようなマスクで素顔を見せない敵役が、バットマンのもう一人の自分、アルターエゴに見えてくる。ヒーローは仮面にあらず、行為である――。総選挙近しと見てか、「大阪維新の会」を叩く紙爆弾――橋下徹市長の「女性スキャンダル」が週刊誌を飾った。でも、本人は「妻ですか、そらもう相当怒ってます。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。