日本のリベリア援助が「槍玉」

援助漬けはアフリカを毒す。元国連局長のノーベル平和賞女性大統領がいるリベリアでさえスキャンダル。

2012年9月号 DEEP [「ノーベル賞」女性大統領に汚点]

  • はてなブックマークに追加

西アフリカの小国リベリアで1989~2003年の14年間続いた内戦が終結してから9年経った。廃墟から立ち直ってある程度の安定を回復し、おおむね「自由かつ公正」だったとみなされる二度の大統領選挙を経て、アフリカ初の女性大統領に選ばれたエレン・サーリーフ大統領が、昨年はノーベル平和賞を受賞している。ハーバード大学院卒で国連開発計画の局長も務めたサーリーフ大統領の下で、リベリアはいまや国際援助のメッカ。首都モンロビアには、いたるところに二国間援助の援助国や国際金融機関、NGOの拠点がある。援助額が政府予算を上回っているにもかかわらず、だ。財政難でODA(政府開発援助)予算がピーク時から半減し世界第5位の日本もその例に漏れない。ところが、援助する側にどれだけ善意があろうとも、とんでもない結果を招くことがある。リベリアでは日本政府による石油援助(oil grant)が、議 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。