株価暴落「電力9社」が生き残る道

財務も人材も枯渇。将来の「原発ゼロ」を前提にした原発事業の即時国有化しかない。

2012年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

電力株の下落は底なしだ。昨年3月の福島原発事故で東京電力は破綻状態に追い込まれた。加えてその事故の影響で電力各社の原発再稼働が困難となり、代替火力発電の燃料費が膨らんで業績が急速に悪化。前期(2012年3月期)は原発を保有する電力9社のうち中国電力を除く8社の連結最終損益が赤字となり、東電の7816億円をはじめ関西電力が2422億円、東北電力が2319億円、九州電力が1663億円と4社が莫大な赤字を計上した。今期も流れは変わらない。第1四半期(4~6月期)を見ると、9社のうち北陸電力を除く8社が連結最終赤字。東電の2883億円を筆頭に九電の1009億円、関電の995億円と大赤字が続く。原発停止が続いた場合の電力9社の財務状況を政府が5月に予測した資料(内閣府「需給検証委員会」調べ)によると、「原発稼働ゼロ」が続くと電力9社の今期の単体最終損益は合計2兆6700億円の赤字になる。

世界の趨勢も「落日の産業」

この ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。