国民新党は金融庁の「無理難題ストーカー」か

2012年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

4年前、世界経済を大恐慌の淵にまで追い詰めたリーマン・ショック。米国の低所得者向け住宅融資である「サブプライムローン」がその元凶であり、世界中のメディアが連日報道した。金融界から追放されたはずの悪魔的商品だが、連立与党の国民新党が日本で復活させようと画策している。「郵政官業回帰」の一枚看板を掲げる国民新党は、全国郵便局長会(旧全国特定郵便局長会=全特)の支援が頼みの綱である。これが切れたら、政党として存続できない。だから民主党を振り回し、自民、公明両党も巻き込み、今国会で改正郵政民営化法を成立させた。犬の尻尾は胴体を振り回すことに味を占め、野望を膨らませている。日本郵政傘下ゆうちょ銀行の事業拡大、すなわち民業圧迫政策の実現である。その柱として、国民新党は「低所得者に持ち家を」を大義名分に、ゆうちょ銀の住宅ローン解禁を求めて金融庁に圧力を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。